香月の歴史

背脂チャッチャ系の源流

らーめん香月は1975年の昭和50年、穴見勝喜が独自に工夫を重ねた「背脂チャッチャ系」のらーめんで創業しました。

自分が食べても美味しいものは、人さまにも受け入れて頂けるという信念のもと、トラック屋台を渋谷区青山に開店しました。

40年ほど前の東京では、らーめんといえば、あっさりとした「中華そば」でとんこつスープのこってりらーめんが知られていくのは、ずっと後のことでした。当初はさっぱり売れない厳しい日々が続きましたが、当時の「東京らーめん」とはまったく違う「香月」のらーめんに驚き、感動、熱狂し、味の魅力に取り憑かれるお客様も少なからずいらしたのが励みになりました。やがて、そうした方々の口コミもあって「こってりしてるのに、後味さっぱり!」「濃厚でありながら、透明感のある味!」と評判が高まり、外苑の繁盛屋台として一躍名を馳せることができました。

現在の「香月」の礎となるのが、この外苑屋台時代です。

若かりし穴見氏

  • らーめん香月 恵比寿店
  • 創業時トラック
  • らーめん香月 店内

門外不出の味を正当後継

「本物」のらーめんを味わう

復活した、らーめん香月六本木店は、穴見氏から伝承した門外不出のかえしを鶏ガラと豚骨をベースにした精湯系の澄んだスープで割り、背脂を散らした当時の革新的なラーメンを正当後継しています。

当時若者だったアラフォー世代には懐かしの味。そんな方々や「香月」を知らない若い世代の方々にも、現在主流のコッテリ系とは一線を画した「本物」のらーめんを味わっていただけると思います。 実は、メニューはもちろん、たっぷりスープの8寸どんぶりやそのロゴ、レトロなネオン菅で店名を記されたファサードも当時を継承しています。六本木らーめんといえばここで決まり!と断言できる仕上がりになりました。

「夜鳴きそば」と呼ばれるらーめん屋台時代の「香月」には、楽しく、愉快なエピソードが数え切れないくらいありました。新たならーめん香月でも屋台時代の情熱と誇りを継承し、お客さまの満足を満たしていきます。

穴見勝喜

  • らーめん香月 六本木店
  • らーめん香月 六本木店 店内
  • らーめん香月 六本木店 店内